Zigbee評価ソリューション

無線端末の無線系評価

アプリケーション

開発・生産現場周辺の不要な電波を極力抑えた環境を作り出す事で、無線端末の無線系の評価が可能となります。

RF ICの開発から、モジュールの生産などの評価が可能です。

ソリューション

エアー接続でのプロトコル試験

  • ZigBeeのルータと電波暗箱内部に設置されたモジュールに対して、電波暗箱内部に取付けた送受信アンテナにて、双方向接続が行える。
  • 通信プログラム(スニファプログラム)を使用して、プロトコル試験を実施。

簡易試験

空中線電力の偏差、周波数の偏差、占有周波数帯幅及び拡散帯域幅、副次的に発する電波等の限度の測定試験の実験(参考)

使用周波数

日本では2,400~2,483.5MHzを使用。
(902~928MHzは主にアメリカ向け仕様。868~870MHzは主にヨーロッパ向け仕様)

図-接続例

システム構成・価格

中型:凡用的なサイズ(2.4GHz帯の例)
電波暗箱MY1520 ¥48,000
電波暗箱用 I/Fモジュール IFM1 ¥99,000
ダイポールアンテナ(2.4GHz帯)M304 ¥15,000
プログラマブルアッテネータ MAT850/810 ¥298,000 / ¥680,000
参考価格 ¥860,000~¥1,242,000

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

※無線機シミュレータ/SG、パワーメータ、他 別途必要な機器もあります。

製品紹介

お気軽にお問い合わせください

5Gの検証がしたい、電波暗箱をカスタマイズしたい、製品の修理がしたい、見積もりが欲しい、どんな小さなことでもお気軽にお問い合わせください。
通常、24時間(1営業日)以内にご連絡致します。