電波暗箱/シールドボックス
簡易自動見積もり-電波暗箱

電波暗箱/シールドボックスとは

携帯電話、無線LAN、RF-IDタグ、ETCに見られるように、最近の情報無線通信機器の普及により、無線系試験の必要性が高まっています。

無線系試験は外部ノイズから遮断され、また内部では電波の反射がない無響環境で行わなければなりません。電波暗室を使用すればよいのですが、広い場所と多くの費用がかかってしまいます。

とくに生産ラインの無線系試験工程では被測定機器が認証前ですので、信号電波を外部に漏洩することもできません。

外部ノイズからの遮断、内部では電波の反射がない無響環境、信号電波を外部に漏洩させない、このような条件をクリアしたものが電波暗箱/シールドボックスです。

電波暗箱の仕組み

シールドボックスの内部を電波吸収体で覆うことによって電波の反射を防ぎ、無響環境を作り出しています。そのため、電波吸収体で覆われているシールドボックスは電波暗箱と呼ばれています。

電波暗箱を用いることにより、送信周波数偏差、送信アンテナ電力、占有周波数帯幅、隣接チャネル漏洩電力、変調指数、スプリアス発射の強度、副次的に発する電波の強度、信号伝送速度等のテストを行うことができます。

多様なモデルをラインアップ

お客様の多様なニーズに対応していろいろなモデルのシールドボックスをラインアップしました。また、お客様の要望に合わせてカスタマイズも行います。

セレクションガイド-電波暗箱

お気軽にお問い合わせください

5Gの検証がしたい、電波暗箱をカスタマイズしたい、製品の修理がしたい、見積もりが欲しい、どんな小さなことでもお気軽にお問い合わせください。
通常、24時間(1営業日)以内にご連絡致します。