EMC試験とは

EMC「Electromagnetic Compatibility(電磁環境両立性)」は電子機器から発生される不要なノイズ(主に電磁波)をチェックするエミッション試験:EMI(Electro Magnetic Interference)と他の電子機器が発生する電磁波の耐性をチェックするイミュニティ試験:EMS(Electro Magnetic Susceptibility)があります。

EMC試験とは電子機器が他の電子機器の影響を受けたり逆に他の電子機器が発生する電磁波によって誤動作を引き起こすことなく機能するかをチェックする試験のことです。

EMC試験の必要性

ヨーロッパで電子機器を販売するためには、製品の安全・品質など規則統一に関する指令である「ニューアプローチ指令」の要求事項を満たした印としてCEマークを製品に貼り付けることが義務化されています。

その要求事項の中核をなすものがEMCです。

ヨーロッパに限らず、日本ではCISPR規格に準拠したVCCI規格、アメリカではFCC規格によって規制されています。

中国や韓国等アジア諸国でも規制が強まり、EMC試験あるいはEMI試験に対する認識が非常に高まっています。

当社のシステムで開発コストを削減する

EMC試験は認証サイト(電波暗室)を使用し正式試験を実施することになります。規格値を超えた場合、問題対策を施して再度正式試験を行うということを何度も繰り返すため長い時間と費用がかかってしまいます。

マイクロニクスでは正式試験の回数をできるだけ少なくし開発コストを削減するためにEMC試験システムを提案します。

製品ラインアップ