スペアナMSA400・シグアナMSA500シリーズのLANによる制御方法

MSA400/500シリーズスペクトラム/シグナルアナライザは通常USBにより外部制御されますが、LANによる制御ができれば距離の制限やポート数の制限を解消することができます。
ここではUSBデバイスサーバを用いてスペアナをPCからLANで制御する方法を紹介します。

USBデバイスサーバ

USBデバイスサーバは、USBポートを持つ様々な機器をネットワークに接続できるようにする機器です。PC側からはUSB機器がUSBポートに接続されているかのように見えます。そのためUSB機器を制御するMAS400やMAS500のようなソフトウェアをそのまま用いることができます。USBデバイスサーバの例としてバッファロー社のLDV-2UH型の仕様を記します。

  • LAN規格:IEEE802.3ab(1000BASE-T),IEEE802.3u(100BASE-TX),IEEE802.3(10BASE-T)
  • 伝送速度:1000/100/10Mbps(自動認識)
  • LANコネクター:RJ-45型8極コネクター
  • USB規格:USB2.0
  • USBコネクター:USBAコネクター×2
  • 対応OS:Windows7(32bit/64bit),Vista(32bit),XP(32bit),MACOSX10.4/10.5/10.6
  • 外形寸法/重量:60(W)×28(H)×95(D)mm,96g(ACアダプターを含まず)

インストールの手順

前述のUSBデバイスサーバを用いる場合のインストール手順を以下に記します。

  1. まずUSB機器をPCにUSBで接続し、必要なドライバやソフトウェアをインストールします。MSA400の場合はMAS400を、MSA500の場合はMAS500をそれぞれの取扱説明書に従ってインストールします。このときUSBデバイスサーバは接続しません。
  2. USBデバイスサーバとルータまたはスイッチングハブをLANケーブルで接続します。
  3. USBデバイスサーバとMSA400/500をUSBケーブルで接続します。
  4. USBデバイスサーバにACアダプタを接続し、電源を入れます。
  5. USBデバイスサーバのセットアップCDをPCにセットします。
  6. USBデバイスサーバの取扱説明書に従ってセットアップします。
  7. USBデバイスサーバの設定ツールを立ち上げ、USBデバイスを選択して接続します。
  8. MAS400/500を起動して制御を開始します。

接続

使用時の接続は下図のようになります。

図:使用時の接続

操作画面

写真:操作画面

ここではMAS500を用いて制御していますが、他のUSB制御ができるソフトウェアも同様に用いることができます。

製品ピックアップ

シグナルアナライザ MSA500シリーズ

高速フーリエ変換(FFT)によるリアルタイム方式と、従来の掃引方式の2方式を搭載。両方向のそれぞれの長所を利用可能。

シグナルアナライザ MSA400シリーズ

大型カラーディスプレイ搭載で画面が見やすい。MSA300シリーズをさらにグレードアップした掃引方式タイプ。