RFIDリード・ライトテストソリューション

RFID リード・ライト試験(UHF帯)に電波暗箱とシグナルアナライザ、プログラムアッテネータでシステム計測

アプリケーション

  • 現在のオフィスや工場内の環境は多種多様な電波が飛び交っています。(パソコン、サーバ、無線LAN等)
  • 屋外からは公衆無線や他のオフィスからの電波が飛び込んできます。(携帯電話、無線LAN、PHS)
  • 電波暗箱内で測定すると外来ノイズを遮断し、内部反射を吸収して正しい測定が出来ます。
  • (750MHz~12.5GHz)プログラムアッテネータを使い限界受信感度のシミュレーションが可能です。

【対象無線】 ・・・ 微弱無線/RFIDの900MHzUHF帯域

ソリューション

問題点と解決策

  1. アンテナ→シグアナの測定値が毎回違う → 外部電波を60dB以上遮断すると測定値が安定する。
  2. シールドボックス内で強い反射が有る → 電波吸収体で10dB以上吸収させると反射が少なくなる。
  3. 電波暗箱内で1次波長のフレネルゾーンを正しい距離で測定 → 電波暗室データと近い値が測定出来る。
  4. プログラムアッテネータを使いハンドオーバやキャリアセンスレベルのシミュレーションにより機器の実力定量化。

使用例

微弱無線/RFIDの900MHz ウレタンMYA-77は17dBの吸収性能

図-使用例)

システム構成・価格

電波暗箱 MY1530 ×1
800MHz~1GHz スリーブアンテナ M301 ×2
3.3GHz シグナルアナライザ MSA538 ×1
750MHz~2.2GHzプログラマブルアッテネータ MAT800E ×1
参考価格 ¥2,718,000

※ご相談ください。ご要望に沿った評価システムを提案させて頂きます。
※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介

お気軽にお問い合わせください

5Gの検証がしたい、電波暗箱をカスタマイズしたい、製品の修理がしたい、見積もりが欲しい、どんな小さなことでもお気軽にお問い合わせください。
通常、24時間(1営業日)以内にご連絡致します。