スペアナ用PCロギングソフトの活用

ロギングソフト(MAS510)で収録したログデータをCSVファイルに変換する方法をご紹介いたします。

アプリケーション

ロギングソフトウェアとは、スペクトラムアナライザ(MSA500シリーズ)をUSB通信によりPC制御し、スペクトルデータを長時間収録するためのPCアプリケーションソフトです。昼夜に亘る異常信号、妨害、干渉電波などの監視や、長時間の無人データ記録に最適です。ログ(スペクトル)データはバイナリ形式で収録されますので、CSVファイルに変換することで、Excelや他ツールで活用することができます。

アプリケーション事例■2.4GHz帯無線機器導入時のサイトサーベイ

ソリューション

1.ログファイルの指定

  • スクリーンショット:ログファイルの指定

  • ■ロギングソフトによる測定波形

    図:ロギングソフトによる測定波形

2.抽出フレームの指定

  • スクリーンショット:抽出フレームの指定
  • ログファイルに記録されているフレームのうち、CSVファイルに出力するフレームの範囲を指定します。
    開始および終了フレームそれぞれのトラックバーを左右にスライドするか、またはEditボックスでフレーム番号を指定します。変更しない場合は全フレームが出力されます。

3.変換の実行

  • スクリーンショット:変換の実行

  • 変換を実行します。変換中は進捗ダイアログが表示されます。

    スクリーンショット:進捗ダイアログ

4.CSVファイルの中身

  • スクリーンショット:CSVファイルの中身

    CSVファイルは大きく分けて測定条件部と波形データ部があります。

  • CF:センター周波数、SPAN:スパン、REF:基準レベル、SWP:掃引時間、DET:検波モード、RBW:分解能帯域幅、VBW:ビデオ帯域幅、SCALE:表示スケール、LmtLv:リミットレベル、TRACE:スペクトルデータ点数

    スペアナの測定条件および波形データ(1行目が見出し(周波数)、2行目以降が測定日時と波形データ)

システム構成・価格

ハンディ型シグナルアナライザ(MSA500シリーズ) ¥748,000~
リチウムイオン電池(MB400) ¥21,600
無線LAN帯アンテナ(M404) ¥18,000
ロギングソフトウェア(MAS510) ¥195,000
USBケーブル(MI400) ¥3,500
¥986,100

製品紹介

シグナルアナライザMSA500シリーズ

オプション