スペクトラムアナライザ カスタマイズ事例

当社製ハンディ型スペアナのカスタマイズ事例をご紹介いたします!

ソリューション

1.FETプローブ用電源を内蔵

  • 写真-左側面にFET電源出力端子を装備
  • スタック電子(株)製 FETプローブ(APシリーズをダイレクト接続できます。
    別筐体の電源が不要となり、フィールドでの測定に非常に便利です。
    勿論、スペアナ本体はバッテリ動作です。

    ※左側面にFET電源出力端子を装備

    • 出力電圧:±12.5V ±4%
    • 出力電流:±100mA
    • 出力コネクタ:ERA.OS.304.CL

2.Y軸(アナログ)出力機能を追加

  • 写真-側面にY軸(アナログ)出力端子を装備
  • Y軸(アナログ)出力機能により、データロガーに測定電圧をリアルタイムに記録できます。

    ※右側面にY軸(アナログ)出力端子を装備

    • 基準電圧:1.9V

3.ACアダプタセンス機能を追加

  • 写真-ACアダプタセンス機能
  • DC動作とバッテリ動作の区別ができます。
    ACアダプタが外れても早期発見できます。

システム構成

スペクトラムアナライザ [MSA458]
シグナルアナライザ [MSA558]

※モディファイ仕様ですので価格や詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介

お気軽にお問い合わせください

5Gの検証がしたい、電波暗箱をカスタマイズしたい、製品の修理がしたい、見積もりが欲しい、どんな小さなことでもお気軽にお問い合わせください。
通常、24時間(1営業日)以内にご連絡致します。