防災行政無線システムの保守・干渉波探索

ハンディ型シグナルアナライザを活用した、防災行政無線システムのフィールドメンテナンス

アプリケーション

いよいよ本格化する消防・救急無線、防災行政無線の260MHz帯への移行とデジタル化。
フィールドでの無線機点検やメンテナンス、システムへの妨害波・干渉波探索に最適な、ハンディ型のシグナル・スペクトラムアナライザです。
システム障害時の修理・故障の早期発見、障害の未然防止に活躍します。

ソリューション

ハンディ型シグナルアナライザ

ハンディ型シグナルアナライザ
MSA538:周波数範囲 20kHz~3.3GHz
MSA558:周波数範囲 20kHz~8.5GHz
※トラッキングジェネレータ内蔵のMSA538TGもあります。

  • データ画面-スペクトラム波形
    スペクトラム波形

  • 電力対時間とスペクトログラム
    上段:電力対時間 / 下段:スペクトログラム

市町村防災無線システムの一例

図-市町村防災無線システムの一例

システム構成・価格

ハンディ型シグナルアナライザ [MSA538](20kHz~3.3GHz) ¥748,000
ハンディ型シグナルアナライザ [MSA558](20kHz~8.5GHz) ¥1,130,000
ハンディ型シグナルアナライザ [MSA438](50kHz~3.3GHz) ¥448,000

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介