スマートネットワーク無線システムのフィールド測定・保守対応

スマートネットワーク無線システム(920MHz帯・2.4GHz帯)のフィールド測定・保守・障害対応に最適

アプリケーション

  • コンセントレーター設置の際、設置場所の電波環境を測定・調査する必要があります。
    電界強度の測定にはスペクトラムアナライザを用います。 柱上のアクセスポイントの占有帯域幅や送信電力レベルなどの測定にも便利です。
  • 通信品質の悪化原因を突き止めるとき、妨害となる他の電波・ノイズを調査する必要があります。
    不定期に発生する妨害電波は、リアルタイム・スペクトラムアナライザを用いると、より効率的に捕捉することができます。
  • 当社のハンディ型シグナルアナライザ(リアルタイム・スペクトラムアナライザ)MSA500シリーズは、小型・軽量・バッテリ駆動により、建造物密集地や 高所などの様々なフィールドでの測定ができます。
    電界強度測定のみの場合は、スペクトラムアナライザ MSA400シリーズもあります。
  • タイムドメイン解析や電界強度測定などの様々な測定機能により、フィールドでの保守・障害の早期解決に役立ちます。

ソリューション

  • グラフ-電界強度測定例
    【電界強度測定例】

    グラフ-電波調査時の例
    【電波調査時の例】

  • 写真-測定イメージ
    【測定イメージ】

システム構成・価格

3.3GHz ハンディ型シグナルアナライザ [MSA538] ¥ 748,000
リチウムイオン電池 [MB400] ¥21,600

※アンテナ、ケーブル、制御ソフトウェア 各種取り揃えております。
※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介