周波数再編に伴う 電波送受信障害発生時の調査ツール

TVホワイトスペース(700MHz帯)及び特定ラジオマイク・FPU(1.2/2.3GHz帯)の周波数移行に伴うサイトサーベイ

アプリケーション

周波数再編に伴う電波送・受信障害発生時の調査・探索ツールとして、リアルタイム・スペクトラムアナライザを活用した事例をご紹介致します。

従来の掃引方式のスペアナでは捕捉できなかった、非常に間欠的なノイズも測定することができます。

【下記のような用途に最適 ~リアルタイムスペアナのメリット~ 】

  • 被干渉波測定  →  未知なる干渉源の特定
  • 与干渉波測定  →  変調信号(バースト波)を確実に捉える
  • テレビ用ブースターの飽和による障害(相互変調歪、混変調)
  • 特定ラジオマイク帯域の渉外調整
  • MCA、電子タグ(RFID)システムの設置前後におけるサイトサーベイ

ハンディスペアナでリアルタイム方式と掃引方式の両方(ハイブリッド)を
採用しているのはマイクロニクスだけ!

ソリューション

■ハンディ型シグナルアナライザ (リアルタイム・スペクトラムアナライザ)
MSA538:測定周波数範囲 20kHz~3.3GHz |  MSA558:測定周波数範囲 20kHz~8.5GHz

図-周波数カウンタで測定、マーカーのピークサーチで測定

※ 総務省作成の周波数再編アクションプランによる

図-総務省作成の周波数再編アクションプラン

システム構成・価格

3.3GHz ハンディ型シグナルアナライザ [MSA538] ×1 \748,000
8.5GHz ハンディ型シグナルアナライザ [MSA558] ×1 ¥1,130,000

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介

お気軽にお問い合わせください

5Gの検証がしたい、電波暗箱をカスタマイズしたい、製品の修理がしたい、見積もりが欲しい、どんな小さなことでもお気軽にお問い合わせください。
通常、24時間(1営業日)以内にご連絡致します。