電動ターンテーブルのPCからの制御方法

電動ターンテーブル(特注品)をパソコン(PC)で制御する方法

アプリケーション

  • PCから操作できる電動ターンテーブル(テーブル径200mm、耐荷重約10kg、ACアダプタ電源、RS232CケーブルでPC接続)をオプションとして販売しており、弊社製の電波暗箱に組み込むことができます。
    この電動ターンテーブルをPCのターミナルソフトからシリアル通信で制御する方法を説明します。
  • 写真:電動ターンテーブル(特注品)

ソリューション

  1. PCのターミナルソフトの設定(Tera Termでの設定例になります。)
    • tera term:シリアルポートの設定
    • tera term:端末の設定
  2. 主要コマンドの一覧表を示します。
  3. コマンド オペランド1 オペランド2 命令内容
    @ORG (なし) (なし) 原点復帰
    @MOVD 座標値(°) 速度(%) 座標指定移動実行
    @WRITE PRM (移動量等のパラメータの入力モードとなり、^Zで終了) パラメータの書き込み
    @X+ (なし) (なし) +指定量移動
    @X- (なし) (なし) -指定量移動
  • これらのコマンドのみで簡単にターンテーブルをPCから制御することができます。
    例えば、”@WRITE PRM”で移動量を10°に設定し、”@X+”を繰り返すことで、10°ずつ回転させることができます。
  • ターンテーブルが移動を完了したときに、24Vの位置決め完了信号を出力させることができます。
    この位置決め完了信号をトリガとして計器の測定を開始することで、ターンテーブルと連動した測定ができます。

システム構成・価格

電動ターンテーブル(特注品) 価格はお問い合わせください

※詳細は弊社営業担当までお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

5Gの検証がしたい、電波暗箱をカスタマイズしたい、製品の修理がしたい、見積もりが欲しい、どんな小さなことでもお気軽にお問い合わせください。
通常、24時間(1営業日)以内にご連絡致します。