他社製LISNとMSAシリーズを組み合わせた伝導性EMI試験システム

他社製LISNとMSAシリーズを組み合わせることでDC電源や3相電源の伝導性EMI試験が可能

アプリケーション

MICRONIX社製のEMI測定用スペクトラムアナライザ、シグナルアナライザを使用した伝導性EMI試験のプリコンプライアンス用システムMR2150では、LISNとしてMICRONIX社製のMPW201Bだけでなく他社製のLISNも使用できます。他社製のLISNを使用することで、MR2150をDC電源、3相電源、250V・15A以上の電源の製品にも使用できます。

ソリューション

MDC電源を測定可能な他社製のLISNを使用した場合のMR2150のEMI測定用PCソフトウェアMAS530の設定と測定例を以下に示します。

EMI測定用PCソフトウェアの設定例

EMI測定用PCソフトウェアの設定

EMI測定用PCソフトウェアMAS530の測定例

  • EMI測定用PCソフトウェアMAS530の測定例
  • DC電源を測定可能な他社製のLISNでの測定例になります。
    MICRONIX社製のMPW201Bと他社製LISNを使用した場合でソフトウェアの操作方法は変わりません。
    よって、MPW201Bをこれまでご使用されており、MPW201Bで測定できない電源のEUTでの測定が必要となった場合、他社製LISNの追加のみで これまでと同様な測定が可能となります。

システム構成・価格

伝導性EMI試験システム MR2150 \864,000~

※詳細は別途 弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介