伝導EMI(雑音端子電圧)測定ソリューション

EMI用スペアナを使って、手軽且つ安価に伝導EMI(雑音端子電圧)測定を実現

アプリケーション

接続ブロック図

図-接続ブロック図

ソリューション

写真-EMI測定用ソフト(MAS430) 測定画面例
EMI測定用ソフト(MAS430) 測定画面例

EMI用スペクトラムアナライザ/MSA438Eは、EMI試験を行う際に必要とされる機能(QP・平均値検波とRBW:9kHz・120kHz[6dB])を備えており、EMI測定に最適な仕様となっています。
EMI試験の事前試験用として、対策工数の削減・測定サイトの使用回数を削減でき、ランニングコストを大幅に削減できます

専用のEMI測定ソフト/MAS430を使用すると、EMIの標準規格である、CISPR11,22、EN55011,22、FCC Part15、VCCIなどの測定したい規格を指定するだけで、帯域幅・スレッショルドレベルなどの必要なパラメータを自動的に設定できます。

また、オプションの磁界プローブやループアンテナを使ってより低い周波数の磁界測定を行えることで、ノイズの発生源を特定する事ができます。
さらに、電波暗箱システムを追加することで、放射EMI測定も可能になります。

システム構成・価格

EMI測定を手元で且つ簡単に測定できるツールとして、安価で実現する事ができます。

EMI用スペクトラムアナライザ[MSA438E] ×1 ¥568,000
リチウムイオン電池[MB400] ×1 ¥21,600
MSA438E 校正一式 ×1 ¥ 47,100
EMI用PCソフトウェア[MAS430] ×1 ¥98,000
USBケーブル[MI400] ×1 ¥3,500
LISN[MPW201B]※150kHz~30MHz ×1 ¥198,000
ノイズカットトランス ※1.5kVA ×1 ¥ 99,000
接続ケーブル N→BNCケーブル[MC102+MA306] ×1 ¥ 27,500
合計価格(税抜き) ¥1,062,700 ~

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介

お気軽にお問い合わせください

5Gの検証がしたい、電波暗箱をカスタマイズしたい、製品の修理がしたい、見積もりが欲しい、どんな小さなことでもお気軽にお問い合わせください。
通常、24時間(1営業日)以内にご連絡致します。