放射ノイズ簡易チェック

発信周波数の簡易測定

アプリケーション

DUTが放射する周波数帯域を簡易的に測定します。 特にEMCノイズ対策及び電波法、不要輻射の確認等に優れた効果を発揮します。

暗室を使用した正式試験では多くの時間と費用を要します。但し、絶対値の特定は出来ないまでも、不特定な周波数が規定値外に発信されているのか?をチェックするだけであれば、スペクトラムアナライザと簡易ループアンテナとの組合せで確認が出来ます。

当システムは正式試験を行う前の事前評価または不合格の際に、デバッグ用途として、相対的な評価を行うことができます。低価格でノイズ成分のチェックが可能であること、またその後のシステムアップが図れることなどから好評の簡易測定ツールです。

ソリューション

■測定イメージ

図-放射ノイズ簡易チェック測定イメージ、キーレスのオンオフ

システム構成・価格

EMI用スペクトラムアナライザ [MSA438E] ×1 ¥56,8000
N→SMA 同軸ケーブル 1.5m ×1 ¥ 8,000
小型ループアンテナ (大小2本1組) ×1 ¥20,000
合計価格(税抜き) ¥596,000 ~

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介