シグナルアナライザによるBS・CSコンバータ出力の測定

ハンディ・リアルタイム・シグナルアナライザによりBS・CSコンバータの出力を測定する方法をご紹介します。

アプリケーション

■接続ブロック図
図-接続ブロック図

ソリューション

  • BS・CSアンテナ/コンバータにより12GHz帯の衛星信号がIF周波数である1.5~2GHz帯に変 換されます。
  • バイアスティーはスペアナ側の50Ωをアンテナ側の75Ωに変換し、BS・CSコンバータに電源を供給し ます。
  • バイアスティーには電源を外部から供給します。11/15Vの電圧切替えによりアンテナの偏波面を設定で きます。
  • シグナルアナライザのスペクトログラム機能を用いて、 スペクトラムの変化を観測できます。
    写真-スペクトラムの変化の観測
  • シグナルアナライザのタイムドメイン機能を用いて、 振幅や位相の変化を観測できます。下図は振幅変動の例です。
    グラフ-振幅変動の例

システム構成・価格

スペクトラムアナライザ[MSA538] ×1 ¥748,000
バイアスティー [PD264] ×1 別途
DC電源 11/15V ×1 別途
ケーブル類 ×1 別途
合計価格(税抜き) ¥748,000~

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。※価格は全て税抜きです。

製品紹介