ハンドオーバーテスタ MH3800

験環境の定量化、ロングラン(エージング)試験、試験の自動化による検証工数の効率アップに。

無線機器の『ハンドオーバー(ハンドオフ)』、『距離減衰(フォールバック動作)』試験を、実機環境下で手軽に行うことができるトータルシステム。

商品コード: mh3800 カテゴリー: ,

5Gソリューション特設サイト

特長

移動端末の通信が基地局Aから基地局Bへ遷移する電波の減衰過程をシミュレーション。

イメージ図:ハンドオーバーテスタ MH3800

※MH3800では、通信環境を模擬するのみとなりますので、実際の通信品質評価(スループット測定やパケットキャプチャ)は、iperfやWiresharkなどの評価ソフトウェアが必要です。

ハンドオーバー(ハンドオフ)評価

複数の基地局・アクセスポイントに対して、移動端末が近付く⇔遠ざかるときの電波の強弱を模擬でき、ハンドオーバーを発生させます。

減衰量シナリオは最大64チャンネル同期制御できます。

フォールバック(伝送速度の低下)動作試験

セルに対する距離減衰量を連続的・無瞬断でシームレスに切り替えることができます。

高速プログラマブルアッテネータMAT800/810は、電子式可変アッテネータであり、かつ最高切換速度が2μsと非常に高速で、シャドウイング等の過渡現象を模擬することができます。

ロングラン(エージング)試験

同じシナリオでの繰り返し試験を自動化することで、試験効率・工数を改善することができます。

昼夜における連続耐久試験も無人で行うことができます。

汎用性・拡張性が高いシステム

周波数範囲(300MHz~12.5GHz)内での使用であれば、通信規格を気にする必要はありません。

設備の陳腐化が無く、汎用性・拡張性に優れています。

簡便なシナリオ作成・制御

減衰量データ作成・制御ソフトウェアMAS801は、直感的な操作でシナリオ作成や制御ができます。

また、シナリオ実行中の減衰量データをモニタすることができます。

対象マーケット

セルラー(2G・GSM・3G・CDMA・4G・LTE・WiMAX・5Gなど)、無線LAN、Bluetooth、Zigbee、NFC・RFID、Wi-SUN、UWB、ETC2.0・DSRC、M2M、センサー、ウェアラブル、衛星通信など

適応周波数:300MHz~12.5GHz(プログラマブルアッテネータの仕様による)

システム構成例

無線LANの2経路(2つのアクセスポイントと1つのクライアント)におけるハンドオーバー

図:ハンドオーバーテスタ MH3800のシステム構成例

高速プログラマブルアッテネータ

型式 周波数範囲 最大減衰量 最大入力
MAT800A 1.5~4.5GHz 80dB 100mW (+20dBm)
  ※P1dB
MAT800B 3.0~9.0GHz
MAT800C 4.5~12.5GHz
MAT800D 1.95~5.85GHz
MAT800E 0.75~2.25GHz
MAT810 0.3~6.6GHz 60dB 25mW (+14dBm)

 ※P2dB

電波箱シールドボックス

型式; 外形寸法(W,H,D mm) 内部寸法(W,H,D mm) シールド性能 備考
MY1510 380×165×380 315×100×315 70dB typ@2.4GHz  
MY1515 465×214×465 400×150×400 70dB typ@2.4GHz 換気ファン付
MY1520 520×520×520 460×460×460 70dB typ@2.4GHz  
MY1520SW 520×520×520 460×460×460 70dB typ@2.4GHz シールド窓付
MY1525 460×570×582 340×340×400 90dB typ@2.4GHz 換気ファン付
MY1530 1120×705×620 1000×500×500 70dB typ@2.4GHz  

関連資料