マルチウインドウ波形モニタ MW4500

放送局や無線中継所における信号監視に最適。

スペクトラムアナライザMSA400および500シリーズをリモートコマンドで制御し、測定されたスペクトル波形を大画面ディスプレイに分割表示するシステムです。

商品コード: mw4500 カテゴリー:

¥1,500,000¥5,300,000

特長

大画面ディスプレイに分割表示

従来のモニタシステムでは、複数台のディスプレイを見ながら信号品質を監視する必要があり、多くのコストがかかりました。

マルチウインドウ波形モニタを使えば、1画面内に最大9チャネルのスペクトル波形を同時に表示させることができます。

表示する入力チャネルの指定が可能

分割表示の画面数は1, 4および9画面で、表示する入力チャネルを指定することが可能

監視作業の効率がアップ

1台の表示器に複数の波形を表示できる為、監視作業の効率がアップします。

号品質の劣化状況を一目で観測

以前に測定した基準波形を重ねて表示することで、信号品質の劣化状況を一目で観測が可能です。

ハンディ型スペクトラムアナライザ

スペアナはバッテリ動作が可能な為、他の電源から切り離してシステムを構築することが可能です。

システムイメージ

図-マルチウインドウ波形モニタ MW4500のシステムイメージ

スペアナ仕様例

項目 MSA438 MSA458 MSA538 MSA558
測定周波数範囲 50kHz~3.3GHz 50kHz~8.5GHz 20kHz~3.3GHz 20kHz~8.5GHz
周波数スパン 0, 100kHz~2GHz, Full 0, 100kHz~5GHz, Full 0, 20kHz~2GHz, Full 0, 20kHz~5GHz, Full
RBW 3kHz~3MHz 300Hz~3MHz
VBW 100Hz~1MHz
SSB位相ノイズ -90dBc/Hz @ 100kHzオフセット -95dBc/Hz @ 100kHzオフセット
平均雑音レベル -127dBm@1GHz -140dBm@1GHz -135dBm@1GHz
最大入力レベル +27dBm、25VDC
入力コネクタ N(J)
バッテリ動作 可(オプション)
動作温度 0~50℃
消費電力 約15W 約13W
重さ 約1.8Kg